栄養士のレシピ帳

日常とかレシピ紹介とか豆知識とか

キーマカレー作ったよ

こんにちは柚餅子です。

今回はメインで投稿した記事をこちら用にして投稿しています。

更新日は一緒ですが、少し内容が違います。

 

今日は具合が悪いとです。ご飯が食べれません。

しかし家事はしてるとです。ううう。休みたい。

そうそう、昨日ブログ書いてて初めて画像の大きさが変えられる事に気が付きました。すげー。

こっちでは画像載せないんであれですが、メインの方では今までそのまんま使ってましたから。

デカイまんまで嫌だなって思ってたけど、とうとうそこを克服しましたよ。

 

話は変わりますが、今日の夕食はキーマカレーです。

挽肉のカレーです。具は普通のカレーと一緒だよ。

キーマってヒンディー語で「ひき肉」って意味なので、挽肉使っときゃキーマカレーですから。豆とか入れないからね。家に無いもん。

ちなみに昨日もカレーでした。昨日はお店のチキンカレーとナン。

今日は夕飯キーマカレーですって言った時の同居人の微妙な顔は見ものでした。我が家では調理にかかわらない人に決定権はないです。ハハハ!

 

では、紹介したいと思います!

ものごっつ普通のカレーなので、別に面白みはないぞ!

あと、メインのブログにはちゃんと作業風景が写真付きで乗っているので、写真で見たい方はプロフィールのところにリンクがあるので是非!あっちのほうが100倍わかりやすいかと思います。

 

まずは、材料紹介から。

カレー粉、玉ねぎ、人参、じゃがいも、挽肉、以上!!

これらは、今朝、買い出しを同居人に頼んでしてもらって手に入れました。日ごろ生野菜は常備してないので。

ちなみに、ひよこ豆とか入れたいって言ったら、それは食い物なのか?とか聞かれたから諦めました。

 

んでねー、次は切る工程。一応キーマカレーの勝手なイメージで、材料は小さく角切りってイメージなので角切りにしました。

煮込んでて溶けちゃうと困るのでじゃがいもは比較的大きく、根菜である人参は小さく基本にそって切っていきます。

 

玉ねぎは少し大きめにみじん切りして炒めます。

今回はシャキシャキ感が欲しかったのであまり炒め過ぎないようにしました。油が回ったかなってところでオッケー。

そこに挽肉を加えて炒めます。バラバラになるようにこまめに混ぜてくださいね。ここで塩・胡椒で味を整えておくと、お肉にしっかり味がつくのでオススメです。

 

野菜もドーンと加えて更に炒めたら、主役のルーちゃんが登場します。

味の決め手で主役ですね。

今回使うのは『こくまろカレー 中辛』です。

コレしか知らないとかいって同居人が買ってきたルーです。

料理したこと無い男の人にはカレーは全てこくまろに感じるんだそうですよ。私には理解できないなっ。

使う量は半分です。もっと正確に言うと、半分の半分です。

2かけ分って言ったらわかりますかね?

 

さて、溶かし入れて煮詰めたら完成なのですが、ここで隠し味。

はちみつを入れます。大さじ1くらいかな?

甘さとマイルドさを出すために入れました。本当はリンゴとか牛乳とかも入れたかったんですが、うちにないのでやめました。

 

ここから水分を飛ばして、暫く寝せたら完成です。

実はまだ寝かせ途中なので盛りつけはしてませんが、盛り付けは普通のお皿に普通に盛る予定なので多分皆さんのご家庭と何ら変わらないと思います。

 

そんなわけで、2日続けてカレーです。

もちろん昨日の買ってきたカレーの方が美味しいと思うけど、こっちはこっちでいい感じの家庭の味が出ているのではないかと期待しています。味見の感想は「カレーだ…」って感じです。

いや、ほんとにだたのキーマカレーですからね。

 

そういえば、今回はじめて知ったんですが、こくまろカレーって残ったルーの事考えて蓋出来るんですね。

ケースとケースを合体させて残ったルーを保存できるなんて凄い画期的!いつの間にこんなに進化したんですか?消費者のこと考えてる感が凄いでてて好きになりました。ありがとうハウス食品