栄養士のレシピ帳

日常とかレシピ紹介とか豆知識とか

英語はどうやって習得するのだろう

こんにちは柚餅子です。

今回はメインのブログで掲載した記事を載せています。

 

 

突然ですが、私は英語ができません。

栄養士になる関係上、少なからずそういった単語には触れてきましたが、単語だけをただ無心で覚えたにすぎず、全くと言っていいほどわからない状況です。

海外では、母国語意外に最低一か国語は使えて当然ってところも多いと感じる今日この頃。私も何か母国語意外に習得して海外で一花咲かせてみたい!翻訳とかしてみたい!かっこよく英語を駆使して仕事とかしてみたい!てか喋りたい!

 

で、言語として難しいとされている日本語をマスターできたのだから多言語も行けるだろうと思い、調べてみたら日本語と他多言語じゃ母音の数からして圧倒的に違うことを知り衝撃と絶望感があふれています。

今まで5音しか発音してきたことない人間が、いきなり20近くも母音として発音できるはずがないじゃんよ。絶対聞き分けられない。中学校から英語には苦手意識以外抱かなかったけど、この事実でさらに苦手になりました。海外の人が日本語覚えてるのホント凄いね。多言語習得がこんなに難しいとは思いませんでした。

 

英語と日本語の違いとしてもう一点あげるとすれば、文法がSOVなのかSVOなのかってところだと思います。日本語だと目的語が最後に来るから『私はまんじゅうを食べる』でいいけど英語は『私は食べるまんじゅうを』ってなるからわかりにくい。私は食べるってなんだよ。何を食べるんだって感じ。

 

こう見ると日本語って簡単なんだなって思います。母国語だからってところもあるだろうけど、漢字とかは見ればわかるし。カタカナとかひらがなとかあるけど、結局数は少ないし。きっと、本当に大変なのは日本人とのコミュニケーションなんだろうなって感じました。他の言語でもきっと一番大変なのはネイティブの人と話すことだと思いますし、その国の言葉を駆使するって大変ですもんね。そういう点では、日本は数多の言い回しを駆使して、空気を読んで曖昧にニュアンスで伝える文化だから余計面倒なんだろうなって思いました。ホント日本語話せる外国の方凄い。

 

これだけ文化の違いがあるのだから、簡単には覚えられないわけですよね。私としては文法でまず躓いてしまうので、先に進まないどころか止まってしまう。最悪スタート地点戻るし。勉強してても、表現的にそんな直接的に言っていいのかよって戸惑うところも多いし、アルファベットに慣れない読めない発音できない。お手上げってこういうことを言うんだなって感じました。ホントどうしようか。どうしたら英語を習得できるのだろうか…。

 

むしろ、一回ほかの言語とかに触れて言語を習得するってどういうことなのか勉強した方がいいのかもしれません…。中学からほぼ義務感の実でやってる感が強いのも問題の一つなのかなって感じます。テストがあるからやらないとって思ってるところがダメなんでしょうね。今回学ぶにあたり違いを調べてるうちに、どの言語でも言語自体に好感がないと身につかないのではないかと感じたので、英語ってここがいい!英語圏の国ってここが凄いってところをもう少し勉強してきたいと思います。

もし、こんな勉強法いいよって教えて下さる方いましたら教えてください。