栄養士のレシピ帳

日常とかレシピ紹介とか豆知識とか

栄養士ってなに?フードスペシャリストってなに?

こんにちは、柚餅子です。

栄養士とフードスペシャリストの資格を持ってる成人女性です。

折角こんな資格を持っているので、何か人の役に立てばと思い今日からコツコツレシピとか、栄養についての豆知識とかを配信していけたらと思います。

 

 さて、一回目の今日はまず栄養士とフードスペシャリストについてお話ししようと思います。

 

☆栄養士って?

栄養士という資格や職を聞いたことのある方はたくさんおられると思います。小学生 中学生は給食のおばさんとして親しみがあると思いますし、近年ではタニタ食堂とかがピックアップされているので栄養士の知名度は上がってるんじゃないかなっと思います。

しかし、未だ世間では調理員との区別がついてないところもあるのが現実です。求人とかを見ると栄養士をキッチンスタッフとして雇うところもあるほどです。

もちろん、調理場は私たち栄養士の活躍の場であり、マイステージですのでそこで働くことは正しい事です。

ですが、栄養士ってそもそも献立を作ったりして、栄養の指導に従事することを業とする者。もっとわかりやすく言うと他人の食事を指導する人です。

具体的には、栄養改善活動といって役場や保健所で栄養指導を行ったり、給食センターや病院、老人ホームなどで献立を立てたりするのがお仕事です。残念ながらご飯を作ることがメインの仕事ではありません。実際にメインで調理を担当するのは調理員です。

世間では給食のおばさんイメージが強く、給食を作る人=調理する人って思ってる方とか多いのでは?っと思うので、ここで考えを改め栄養士は主戦力として調理にかかわることはないということを頭の片隅に置いていただけたらなーっと思います。

 

栄養士になるには指定の学校を卒業し、各都道府県知事から免許をもらわなければなりません。課題の山に埋もれながら毎日のようにテストを繰り返し、免許の交付に漕ぎ付きます。ユー○ャンとかで取得できる資格欄にでっかく乗ってることもありますが、そんな簡単に取れる資格ではないのです。私の周りでも実習とか実験とかで脱落していく人たくさんいましたよ。ちなみに管理栄養士はさらに様々なカリキュラムを経て、試験を受けなければならないのでより取得は厳しい感じです。

試験を受けて資格を取る栄養士ですが、実は皆一律ではなくレベル(ランク?)があります。Aから始まり下はいくつだったか忘れましたがCだったかな?とにかく試験の成績で分けられています。普通は明記しないので雇い主さんも知らない方が多いですが。今度栄養士の人と話す機会があれば聞いてみてください。きっと嫌がられます。

 

実習内容とかもお話ししたいところですが、またいつかということで、次はフードスペシャリストについてお話しようと思います。

 

☆フードスペシャリスト

栄養士と違い、フードスペシャリストは知名度が極めて低い資格です。資格欄に書いて履歴書とか提出すると必ずこれはなんだと質問を受けるほどです。

フードコーディネーターとかはテレビとかで見ることもありますから知ってる方もいると思いますが、フードスペシャリストは日の目を見たことがほぼ無いので一般的には知らない人の方が多い資格かと思います。私も大学はいるまで知りませんでした。

じゃあ、どんな資格かと言いますと、食の本質が「おいしさ」「楽しさ」「おもてなし」にあることを学び、食に関する幅広い知識と技術を身につけた食の専門家になるための資格で、クレーム処理とか食品開発、流通、販売、外食などを担う食品産業や、食関係の広範な分野での活躍が期待されている資格です。

 

最近は食に関する資格は山のようにあります。野菜ソムリエとかはテレビにも出てるし。何個あるのかは知りませんが、比較的新しい資格は研修受ければ簡単に取れるものも出てきたみたいで資格取得が楽になりましたよね。しかし、残念なことにフードスペシャリストは講座を受けたり通信講座で取得できるような資格ではありません。めんどくさいことに大学や短大の協会の認定した学科で「食」について2~4年間勉強して初めて得られる資格なんです。めんどくさいですよね。でも、とっておけば食系のライターとかで働きたいと思ったとき有利であるのは確かだと思います。栄養士よりは簡単に取れるので食に関する資格が欲しいって方にはオススメかなっと思います。

 ちなみに、フードスペシャリストとフードコーディネーターの大きな違いは知識の差だと思います。食の歴史やテーブルマナー、食空間に食文化など頭に叩き込むフードスペシャリストは履修項目にフードコーディネートが初めから入っています。この時点でフードスペシャリストとっておけば知識は網羅してることになりますのでフードスペシャリストとっておいた方がお得なのではないでしょうか。

 

さて、今回の記事で栄養士、フードスペシャリストがどのような資格なのか知っていただけましたでしょうか。なんとなくでもわかっていただけたら嬉しいです。

次回からの栄養関係の記事には季節に合わせたレシピや食品についてなどを書いていこうと思っていますので、もしよければ読んでいただけたらと思います!